BLOG

お金は寂しがり屋さん?


「お金は寂しがり屋さん」

この言葉はよく聞きますよね。この言葉の意味は「お金を持ている人にお金が集まってくる」という意味で使う人が多いかもしれませんね。確かにお金を持っている人は好条件の投資話に接することも多い、またはお金を動かすだけで利益を得ることもあるでしょう。自然にお金持ちはお金持ちへの道ができているように思います。きっとそんな話があるから出てくる言葉かもしれませんね。

一般の庶民でもお金が増えていく方法
私は3年前から、お金の実験を自らに課してコツコツとやってきました。そのお話は私が各界の“お金の賢人”に聞いてきたお話をまとめた「人生を明るくする!金運体質を鍛える18の習慣」(開運ぐりーんらいふよりご覧ください→https://midori-d.jp/category/26/)にもまとまてあります。

その実験の中の一つに「お金を寄せる」という方法があります。
寄せる?一つの口座に全部集めろということ?

そうお思いになる方もいるでしょう。若い時には子どもの教育費、家賃、習い事、生活費など出費が多岐にわたり、細々としているので銀行口座は分割管理しておいたほうが「いつの間にかお金がなくなっちゃった~」ということが防げるのでいいと思います。でも、その反面全体で自分がいくら持っているのかわからなくなってしまうこともあります。

そこでおススメしたいのは、紙の上に寄せること。要するに紙にまとめて書くことです。それもPCより手書きのほうが効果的です。事実上は管理のために分散してあるお金も、紙の上で集まるので“寄せ”の効果が現れます。これを年に一度でもいいです。やってみてください。4年も経つと“寄せ”のスピードも速まります。

先ほど書いた「お金は寂しがり屋さん」というのは無関心に対する言葉だと思っています。あなたは今自分の持っているお金が大体いくらか、即答できますか?最近はキャッシュレス決済も増えてきたので、実際のお金を見ずに生活が成り立つ世の中になってきました。こういう時代だからこそ、実際のお金の形を数字にして自らの手で紙に落としてみてください。もっと、お金さんに関心を持ってください。そうすることでお金は愛されていることを感じ、より多くの仲間を呼んできてくれます。

お試しあれ(^_-)-☆

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事