BLOG

Gardendesignセミナーを通じて体感したこと

まだまだ雪の季節ですが確実に春は近づいています。

ぐりーんらいふコーディネーターの

ごんだいらあやこ です。

3年前からGardendesignセミナーというセミナーを開催してきました。

今まで私に直接依頼してくださった方々の思いやこれまでの

経験から導き出したポイントなどまとめた内容です。

本当に地道でコツコツといったペースでしたが、

たくさんの方のご参加いただきました。

お客さまのなかで多い事例

これまで、お話しを聞いた方の多くは、

住宅を建てた後年が経ち今まで手を付けていなかった

庭スペースを何とかしなくてはいけない…という理由で

依頼いただいた方がほとんどです。

どうしてそうなってしまったのだろう、と考えることも多くなりました。

 

ガーデンリフォーム

庭づくりの時期に定義はないのでしょうけれど。

家が完成し引き渡しになって1年以上。

住宅の工事とは別にガーデン工事として単独で依頼は

「ガーデンリフォーム」となると思います。

 

皆さん普通にガーデニングをしようと考えたそうです。

花屋に行き苗を購入し、ガーデングッズを買いこんで作業を開始。

そこで初めて自分の家の建っている状態に直面したのです。

 

こんな感じだとは思わなかった…。

 

皆さんそれぞれに庭へのイメージがあります。

好みやパターンもいくつかに分かれます。

もちろん現代は情報社会ですので、ネットを開けば

様々な情報が手に入るようになりました。

 

ですが、そのおかげで逆に自分の好みが混乱している場合もあります。

まずは整理と確認。

そして環境に合ったコーディネートを行う必要があります。

 

ずっとやっていて感じたのですが

技術的なものよりも何よりも話を聞いてもらえる安心感が

お客さまの表情を明るくしてくれます。

その笑顔が見られたとき、私もホッとします。
それが最も重要なポイントだと思っています。

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事