BLOG

春の玄関前の衣替えはセンス良くスッキリまとめたい。

春の片付け、植栽作業の計画は順調ですか?

ぐりーんらいふコーディネーターの

ごんだいらあやこ です。

 

先日、お客さまのお宅の植え替えの作業にお邪魔してきました。

新潟市西区です。

こちらのお宅は全体的にとてもエレガントな植栽でまとまっています。

お花選びから組み合わせの色合わせ、そして器選びまで

とてもセンスがいいお客様なのです。

 

パッと目立つ大きなお花を何にするか?

小花のチョイスまはどんな感じでまとめるか。

う~ん…どちらも捨てがたいっ!

お花選びは器との相性も大切になってきますね。

 

 

 

 

 

 

この日の話題はお庭の“断捨離”。

巷ではお片付けブームですが、園芸の世界でも断捨離があるんです。

 

花は人の心を癒してくれるし、世話するのも楽しい。

ずっとかわいがってきた植物がきれいにお花を咲かせてくれたときの

喜びはとても大きいのです。

しかし、時間の経過とともに自分の体の状態や周囲の環境などによって

思い通りの時間が取れなくなってしまうこともあります。

 

土がたっぷり入った鉢は重いですし数が増えると

体力的にもどんどん厳しくなります。

 

ちょっとでもそんな風に感じた時は無理をしないことです。

まずは自分の持っている時間と作業に費やせるエネルギー

に関して少し整理してみましょう。

 

私もかつて 庭につるバラを植えて育てていました。

グラハムトーマスとティージングジョージアの混植。

フェンスに這わせて春に花が咲くのを楽しみに

冬の厳しい雪の時期でも剪定作業なども毎回一生懸命にやっていました。

ところが、年々色々なことが重なりなかなか思うような

作業もできなくなっていきました。

焦りと苛立ち。

きっと、義務みたいになってしまっていたのでしょうね。

やらなきゃ…と追われていたのではちっとも楽しくありませんし

これができないのは〇〇のせいだ。となってしまったのでは

かえって良くないです。

ある年、厳しい冬が終わった頃

バラの枝がほとんど枯れたのをきっかけに考え方を変え

スタイルも変え、無理せず自分のペースで、

「できないんだから完璧を求めない。ダメでもいい」

というくらいの考えにしたら気持ちが楽になりました。

 

ちょうどこの時季 春のシーズンが片付けには最適です。

冬の間に枯れてしまったり、だらしなくなってしまった鉢は

この際スッキリきれいにさせましょう!

 

そして、鉢によっては「次の花を植えない」という判断を

するの大切なことです。

ガーデニングを楽しく続けるコツは“余裕を持つこと”と

“無理をしないこと”。

あとは、楽しくお話ししながら作業するとあっという間に

作業が進みますよ。これは先日スタッフとも意見が合いました!

何でも楽しい時間に変えていくのがいい(笑)

 

みなさんもこの春 楽しいガーデンライフのために

身の回りの整理から始めてみませんか?

 

 

ちょっとしたスペースの植え替えアドバイス、

買い物が楽しくなる同行サービスなど

ガーデンライフのお手伝いいたします。

 

ランドスケープデザインサービス(デザインアドバイス・植栽作業)


 

*店舗施設など植栽に関するお問い合わせはこちら

Contact | お問い合わせ

*個人邸ランドスケープデザインサービスについてはこちらをご覧ください

ランドスケープデザインサービス

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事