日々のこと

お庭についてちょっと相談してみたい

今回は、最近ご質問いただいた「相談・セッション・鑑定」に関するアンサーブログです

2013年よりセミナーというカタチで「これから家づくり、庭づくりを始めたい方」に向けてお話をさせていただきました。

それから、2018年頃からこの「相談・セッション・鑑定」のカタチに近いものを始めました。

その細かい内容については後述します。

長年質問を受けてきた中で

セミナーを開催する前から考えると15年以上多くの方々から庭づくりや事務所周りの植栽などのご相談を受けてきました。

その中で多くの方の悩みや共通点などが見えてきましたので、その辺もお伝えしたいと思います。

そして、「相談・セッション・鑑定」の体系と流れ、どんなことに重点を置いているかということをお話していきたいと思っています。

はじめてこちらに訪れた方もいらっしゃると思うので、まずは自己紹介。

 

 

この記事を書いている人

プランツアートクリエーター®/園芸福祉士
ガーデンデザイナー/風水師

主に企業や事務所、店舗空間の緑化を依頼されたり、個人邸のガーデンデザインやプランニングをしている。
家があって暮らしがあって、人がいる…。
そんなことから、風と水を読む環境学として風水を勉強し現在に至る。

観相学ライフアドバイザー協会 認定講師
プランツアート合同会社 / みどりデザイン研究所

自己紹介|ごんだいらあやこ ガーデニング・庭づくり

 

ご希望を聞いてスタイルの変化へ

これまで、お庭づくりのセミナー「はじめてのGardendesignセミナー」を開催する中で

こんなことを良く聞きました。

「もっと個人的なことを聞きたかった」

「開催時間に予定が合わず参加できなかった」

「他の方が同席していないほうがよかった」

「遠方でなかなか時間が合わせられない」

これらのご意見をいただいて、セミナースタイルから内容を個人向けのセッションに徐々に変えていきました。
そして5年ちょっと。

その間にはコロナ感染症の拡大を受けてオンラインもどんどん増えていきました。

完全個人向けですので他の方が同席することもありませんし、(オンラインは特に1対1です)皆さんにとっても安心して参加いただけるスタイルだな…と思っています。

そこで、今日は皆さんがどんな感じでお申込みいただいているのか…ということを話しようと思います。

 

後半には流れについてもお話しているので、最後までお読みいただければと思います。

ガーデニング・庭づくりの悩みは深い

“植物がある生活”に意識の高い方が増えています

「今年こそ、ガーデンライフを始めよう!」

庭があって、潤いを感じられる豊かな生活を希望する方は多いのですが、実際に始めたいと思っても「何からやりはじめればいいのか」「どんなところに注意すれば無駄なく始められるのか」など、ちょっとしたことがわからないで困っている人はがたくさんいます。

 

これまでも、私のところに直接メールで、プランニングの仕事の依頼がくることがありました。

会ったこともない私に、直接メールをしてお庭の依頼をするってすごいことですよね。
それだけ思いを受け止めてもらえる場所がないということに氣が付きました。

セッションに参加した方の中には、現実的を目の当たりにして「もう少し家を建てる前から計画的にやればよかった…」と感想をいただくこともありました。

 

そう!これは本当に“大切なこと”なのですが後で氣づくことが多いです。

なぜなら、庭には目に見える部分と目に見えない部分が存在するので、見えないものは意識しないとわからないのです。土地の状況も様々ですし植物だけ植えればいい…という単純な話でもありません。

どんな風景にしていきたいかということを始めにしっかり描くのが大切なのです。

 

環境は大切ですけれど

もちろん環境は大切です。しかし良くなければすべてダメというわけではありません。

環境が良くなければそれを補うために知恵が必要になるということなのです。

 

長くちゃんと楽しめる庭を整備するには、少なからずお金は必要です。

でも必要な部分を決めて計画的に取り組めば、余計なお金をかける必要はありません。

自分の希望と同時にプランニング&資金計画もしっかり立てていきましょう。

どのような問題があるかを考える

〇一番多いのは家を建てて2~3年後のお客さま

これは集計を取ったわけではないので感覚ですが、

私のところにご相談にいらっしゃるお客さまのうち、約7~8割の方が家を建ててから2~3年経ってからのご相談です。

確かに、「家づくり」は大変なライフイベントです。

夢いっぱいで楽しいですが“大仕事”です。

細かい設計の調整や書類関係、手続きなども多いです。

「やることがいっぱいで庭まで手が回らなかった」という声もよく聞きます。

 

中には「庭づくりは思っていたのと違いました…」というお客様もいらっしゃいます。

情報が少なく基準も人それぞれで曖昧なため、試行錯誤されている方も多いと感じます。

 

〇新築だけではないリフォームのお客さま

その他では、ガーデンリフォームをお考えの方なども多いです。

お子さんが成長して駐車場が必要になり、庭をつぶす工事を依頼されることもあります。

 

それでもコンクリートだけにするのはちょっとイヤ、ということで植物を組み込んだ駐車スペースをお願いされるパターンもあります。

 

それぞれのタイミングでそれぞれの出来事がやってきます。

庭は広く豪華に…だけではなく、きっと自分のやりやすいスタイルがあるはず。

ご自身のライフスタイルに合わせ納得のいくスペースを作っていきましょう。

 

〇環境は大切な要素

植物の生育は環境に左右されます。

庭を考える時、わたしはまずは植物たちの住みかとなるスペースの環境を真っ先に考えます。

日当たり、風通し、土の状態、水の通り
様々な環境によって植栽スペースをどこにすればいいのか決まってきます。

中でも一番氣になるのは、土の状態です。

母なる大地と言いますよね。それだけ大切なことです。

土の状態を把握していますか?

 

あなたが疑問に思っていることを一つ一つをゆっくりお聞きしていきます。

 

〇もっと氣楽に質問できる環境づくり

「もっと植物や庭の話ができたら」
「もっと前の段階でこんな機会があれば」

これまでの多くのセッションの中でお客様の中で聞かれた言葉です。

「自分の考えを聞いてもらっただけで考えが整理されました。」という声もよく聞きました。

あなたの行動を阻んでいるものも、他人が違った視点や角度から見たらまったく違うものに感じるかもしれません。

 

このセッションは、皆さんが困っていること悩んでいることへの取り組み方など…。

これまでは“お仕事の依頼を受けたときだけ”にやっていたものです。

ですが、これから家づくり、庭づくりをスタートされる方にとって「植物の知識」というのは知っておいたほうがいいものです。

ご自分の庭のデザインの変更などを考えている方は、

1.自分にとっては今何が必要で
2.どんな協力があるといいのか
3.逆に自分でできることは何か

ということがわるだけでも頭がスッキリします。

皆さまが一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

 

では、具体的な内容についてお話しましょう。

セッション・相談・鑑定内容

■お庭づくりを始めてみましょう

■実際に庭づくりを始める前に知っておきたいこと

■意外と知らないけれど重要なこと

■これから家づくりをお考えの方へ

■プランニングってどういう風に進めていくの?

■なぜ業者によって見積もり額が違うの?

■賢い業者の選び方

■今、自分がやらなくてはいけないことって何?

■プランニングのための7つのポイント

■自分のパワーが上がる植物選び

■ここに植物を植えても大丈夫?

*内容は参加される方の状況によって変わります。

 

〇時間に限りがあるので

1時間ごとに相談をお受けしております。

(詳しくは下記の「menuについて① 相談・セッション・鑑定」をご覧ください)

時間に限りがあるのでご相談者様の質問の中で

これが重要、と思われる部分をピックアップして数点お話します。

多くの事例や個々の植物の性質やパワーなど元にお話しさせていただきます。

 

完全個別セッションになり、ゆっくりお話できるようになりました。

かつてのセミナー形式と違いよりパーソナルな内容で植物や庭の話がしやすい環境になりました。

他の方が同席することもないです。

詳しくはこちらをご覧ください

menuについて

「相談・セッション・鑑定」

menuについて①(相談・セッション・鑑定)

スケジュールを公開しますのでご自身の都合に合わせてごボタンを押してください

ご予約の流れ

【ご予約方法】

スケジュールからご希望の日にち
をお選びいただけます

<希望日確認>

予定表のご予約状況をご覧ください
予定表以外の時間もお問い合わせください
スケジュール↓
https://wire.thebase.in/categories/2508786

<申し込みの連絡>

申し込みフォームよりご連絡ください

申し込みフォーム

 

<開催場所>

基本zoom開催になります。

ご自宅での現場鑑定を希望される場合別途
「環境確認」(交通費)が必要になります
※現地で鑑定することによって
情報量は全然違ってきます。

<お支払方法>

手順に沿ってカード払いの手続きをしてください。
2枠以上の時間をご希望の場合
Paypalにてカード払い用請求書を発行します。
(延長の可能性がある場合は
現地でpaypayのキャッシュレス決済も可)


<申し込み方法>

https://wire.thebase.in/categories/2508786

 

◆スケジュールはこちら↓
https://wire.thebase.in/categories/2508786

注意事項

《ご注意いただきたいこと》

お客さまのご都合で当日キャンセルされる場合返金はできませんのでご注意ください。
来られなくなった場合や予約日変更は早めにinfo@midori-d.jpもしくはSNS等に連絡をお願いします。
他に参加したい方に譲ることができます。ご協力お願いします。

当日、急な体調不良などやむをえない場合は090-2847-1133にお電話ください。

準備中・レッスン中・移動中 で電話に出られないときがあります。

その際はショートメールを入れてください。こちらから折り返し連絡いたします。こちらの体調不良、交通機関の乱れ等やむをえない時は緊急でお電話しますので携帯電話の場号は必ず記載ください。

 

植物をチカラを上手く取り入れていきましょう

植物のパワーはどんな“開運グッズ”にも勝る

運氣をあげるというと、風水グッズを集める人もいますが、実はグッズを買いあさるより植物を取り入れるほうが絶対的に向上します。

なぜなら植物は生きているもの。

生命のパワーはとても強いものです。

開運という観点からも、玄関前やお庭を整えるのは運気アップにつながります。

最強の運氣アップをもたらすというより…

植物を取り入れることで「最強の運氣になる」「コレですべて解決です」とは言いませんが、徐々に静かに整えていく…というのが正しい表現だろう思います。

玄関やお庭を整えることによって、そこから家の中にスーッと流れていく氣が室内を巡り浄化していくのです。

せっかくですからお庭や室内をきれいにしながら運氣もupさせていきましょう。

そちらの方が氣になる方には、こちらをご覧ください

ガーデン風水鑑定

↓  ↓  ↓

menuについて⑤ガーデン風水鑑定

 

一番効果が高いのは季節に合ったお花です。

野菜に“旬”という言葉があるように、その季節の最も美しい命から得られるパワーは最強です。

 

 

いかがでしたか?

皆さんの質問をまとめる形で記事を書いてみました。

「プランニングサポート」をご検討中の方には「30分無料セッション」をお付けしております。
コメントの欄に「30分無料セッション希望!」とお書きいただき、お氣軽にお申し込みください。

申し込みフォームよりご連絡ください

申し込みフォーム

 

 


 

★植物の情報・LINE公式の皆さまだけのお得情報をお届けしています。
LINE公式アカウントからどうぞ。

友だち追加
こちらをクリック↓
https://lin.ee/kyPRjqA

植物と仕事 幸せ研究会

プランツアート・ラボ
(*2023年まで期間限定の研究会グループです)

ガーデニング、庭づくり、植物の育て方、デザインなどの話の他に、女性の働き方、起業・副業、ビジネス、ガーデン風水、お金の話など、ランダムに「メルマガ」「動画」「セミナー」形式で配信、また交流を目的にした研究会。

プチ起業、副業を目指す女性も大歓迎。

庭づくりのヒントが欲しい方もOKです。

園芸、ガーデニング関係でなくても参加できます。自分の得意を活かして人生楽しく経済的にも明るくしていきましょう!というグループです。

ハンドメイド作家、デザイナー、店舗経営者、飲食関係、絵本作家、アレンジメント教室講師、ガーデニングを仕事にしたい主婦などサポート経験あり。

menuについて⑥プランツアート・ラボ(植物と仕事 幸せ研究会)

【SNS等】

ブログ
https://midori-d.jp/category/blog/

facebook
https://www.facebook.com/midori.design.a

Instagram
https://www.instagram.com/midori_design_labo

Webショップ
https://wire.thebase.in/

noto
https://note.com/midoridesign

youtube
https://www.youtu

be.com/channel/UCqp2rKfYCCfhrabQh_WBpbQ?view_as=subscriber

Twitter
https://twitter.com/aya_agon

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事