BLOG

植栽の色彩とイメージの決め方:ランドスケープデザインサービス(店舗・施設)

春は超~繁忙期。

始まるまでは「こうやって、ああやって」と計画立てているからできる氣がするけど、始まるとやっぱりバタバタ。

ブログも更新が遅れ気味でスミマセン💦

イメージを形にする仕事をしています

まずは簡単な自己紹介。

この記事を書いているわたしはガーデニング歴でいうと…20年くらい。

仕事になってからは15年以上。

現在、企業さまからイベントや事務所空間の緑化を依頼されたり、

個人邸のガーデンデザインやプランニングの依頼を受ける仕事をしています。

相談・鑑定に関してはオンラインで行っています。

これだけ長期間園芸業界にいると、情報もたくさんいただきます。

その中で、これ面白い!と感じるもの。あなたに役に立つ情報をお届けしています。

今回は店舗前・施設前のスペースをきれいにしましょう。というお話です。

 

植栽シーズンが始まりましたよ

【春の植栽始まりました‼️

春ですよー。花壇の植え替え庭づくり始まりました💕
毎年お彼岸が過ぎて地温(土の温度)が安定してくる頃にスタートしています。
小針のあゆみ歯科さんの花壇をきれいにしました。

色合いに変化を加えて

今年は少し色合いに変化を加えてみました✨
そのポイントをお伝えしますね。

◎花壇を印象的に見せるポイント

色の組み合わせが重要

色の組み合わせが重要なのは皆さん何となく氣が付いていると思います。
ここでは具体的にお話ししてみたいと思います。
色には大きく原則があってとの方向でなんの色を使うかによって印相が全然違ってくるという影響があります。
例えて言えば、同系色だけの組み合わせだと、実はボケた感じの植栽になってしまいます。
同系色というのは最もベーシックで基本形なので、“安心感”はあります。
しかし、印象に残るかどうかは微妙なところです。

人間は急激な変化には拒否反応を起こす

そうかと言って突然反対色にチャレンジしたとしても「相性が悪い色同士」の組み合わせだとチグハグな花壇になってしまいます。
このバランスが大切なのです。
あゆみ歯科医院さんの花壇はそれぞれにイメージを変えています

・癒しの花壇
・ポップな花壇
・クールな花壇

こんな感じでスペースごとにイメージを分けています。
お庭の場合はもっと大きなスペースで分けますよね。

今回のチャレンジは?

今回の「癒しの花壇」には癒されるだけでなく、上品さも取り込んでみました。
白と紫のコントラストを楽しむ上品・癒し系にしてみました。

色で表現するイメージの幅を広げてみよう

「紫」は高貴な色でもありますが、癒しの色でもあります。
組み合わせ次第で癒しの強弱を表現することが可能です。
そこにこれから上がってくる花色を想像しながら、少し未来の風景をつくっていくのです。
お客様に伝えるメッセージをさりげなく、心に寄り添うカタチで。
時には「逆張りをしながら同調する」こんなテクニックもたまには取り入れながら。

春からスタートしたガーデンポートサービス

プランニングからお庭のあれこれじっくりゆっくり作り上げるガーデンサポートサービス💕始まっています。
学びながら自分のお庭を育てていきたい方向けのサービスです。
氣になる方は
からご覧ください。
春はスタートの季節。
ここから何かを変えたい方🎶
ますばあなたのお庭づくりのポイントがわかる無料診断から始めましょう🌿
オンラインでサポートできますので、全国どこからでも受講可能。学びと実践。楽しみながら、新たな世界に進みたい方におススメします。

それでは、素敵な園芸ライフを(^^♪

MENU

■ガーデニングをはじめたい🔰のためのプランニングサポートプラン🎶
https://midori-d.jp/menu/

★植物の情報・LINE公式の皆さまだけのお得情報をお届けしています。
LINE公式アカウントからどうぞ。

友だち追加
こちらをクリック↓
https://lin.ee/kyPRjqA

 

【みどりデザイン研究所】

ブログ
http://midori-d.jp/

facebook
https://www.facebook.com/midori.design.a

Instagram
https://www.instagram.com/midori_design_labo

Webショップ
https://wire.thebase.in/

noto
https://note.com/midoridesign

youtube
https://www.youtu

be.com/channel/UCqp2rKfYCCfhrabQh_WBpbQ?view_as=subscriber

Twitter

☆プランツアートフォトコン開催中!☆
https://midori-d.jp/blog/plants-art/

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事