BLOG

ボタニカルなキャンドルづくりの手順:プランツアート

夏休みの子どもたちの宿題
自由研究や体験などに
『ボタニカルなキャンドルづくり』
はいかがですか?

子どもたちと一緒に作った時の
画像や動画で手順を説明しますね。

①道具を準備します

簡単に手に入るものばかりです。
紙コップ・ドライフラワー・キャンドル
(ブロック型のものがいくつかあるといいです)・
片手鍋・温度計・耐熱ガラス容器・
IHクッキングヒーター(もしくはガスレンジ)

②キャンドルを選びます

紙コップに選んだキャンドルを入れます。
紙コップ目いっぱいにキャンドルを
入れてしまうと注ぎ込んだ時に
溢れてしまうので、コップの
約2/3くらいのところに軽く
ラインを引いておくと使いやすいです。
ちなみに油性ペンで描こうとすると
ガタガタなラインになってしまいます。
わたしは使いまわしができるように
紙で作った“ここまでライン”を
セロテープで軽くつけておきます。
(後ではずせます)

➂ドライフラワーなど飾る

お好きなものを飾るといいですね。
特に規定はありません。

ですが、たくさんあまり飾りすぎると
ドライフラワー同士の間に空間が
できてしまうので、後ほど白いキャンドルを
流し込んだ時に上手く隙間に流れ込まず
翌日紙コップを外すときに
ポロッとドライフラワーが取れる可能性が
あります。

④白いキャンドルを溶かしたものを流し込む

IHクッキングヒーターかガスコンロに
水を入れた片手鍋をかけて沸騰させます。
そこに耐熱容器に入れた白いキャンドルを
湯せんにかけていきます。
熱くなるので気を付けて。
お子さんにはやらせないように
お願いします。
手で押さえていないとひっくり返って
中にお湯が入ってしまいます。
80度以上になると完全に
キャンドルは溶けるようです
(液体になります)
溶けたキャンドルを先ほどの
紙コップの中に流しいれてください。
ゆっくり大きく円を描くように
入れるのがコツです。
すべてのパーツがくっつくように。
実際にやっている動画を添付します↓

⑤紙コップも湯せんにかけよう

白いキャンドルを流し込んだ後
さらに紙コップも湯せんにかけてください。
溶かしたキャンドルは底のほうまで
届かないかもしれません。
紙コップをはがした途端にボロボロ
崩れていくのではガッカリです。
そこの部分も熱をかけて少し
溶かすようにしましょう。
(目安は1~2分)
実際にやっている動画を添付します↓

*キャンドルの材料を手に入れるのは
簡単ではないかもしれないので、
ご相談いただければ販売もできます。
それ以外は、自分でも集められる道具
ばかりなので、夏休みのお子さんと
是非チャレンジしてみてください。

こちらでも紹介しています↓
noto
https://note.com/midoridesign/n/nfdec0e0867a1

☆プランツアートフォトコン2020開催中!☆
https://midori-d.jp/blog/plants-art/

みどりデザイン研究所では、植物やレッスン、
イベントに関する情報を中心に
暮らしに役立つやお得な情報など発信しています。
また、会員の皆さんからの疑問質問にお答えしています。
(園芸に限らずです…。ワイヤーアートやフリーランスや金運家運のこと)
どんどん答えていきたいと思いますので、是非参加してみてくださいね♪
公式LINEアカウントはこちら
↓↓↓
https://lin.ee/kyPRjqA

友だち追加

《みどりデザイン研究所のwebショップ》
green store
https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=wire&follow=true

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事