BLOG

あじさいの季節とその後の手入れは?:新潟市・ガーデニング・植栽デザイン・メンテナンス

梅雨時期の代表的な植物、あじさい。
漢字だと紫陽花ですね。

字からわかるように昔から
あじさいは「紫」だったということですね。

アントシアニンという色素が土中の
アルミニウムと反応して
あじさいの色が決まると言いますよね。


土の中が酸性だと紫に。
中性~アルカリ性だとピンク色に
変化するというけれど 。
日本は酸性土が多いから紫が
多いって思いますけど…。

ピンクと紫と白のあじさいが
同居しているこの風景は
どういうことなんだろう??

素朴な疑問。

来年も花を咲かせたい場合は剪定をします。

アジサイは8月以降に翌年咲く
花芽が出てくるので、7月頃には
剪定を済ませましょう。
新しい花芽はなかなか
分かりにくいものです。
花が完全に終わってしまった秋頃に
剪定をすると、翌年咲くはずだった
花芽まで切り落としてしまうことがあり、
そうすると、残念ながら来年花は咲きません。
剪定する場所は、花から2節ほど
(花の下の葉2~4枚下の茎)を切り落としましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事