BLOG

ガーデニング見せる道具と使い勝手:新潟市・ガーデニング・植栽デザイン

ガーデニングは楽しくおしゃれに。


これは結構重要なポイントです。
もちろん機能性も大切です。

ガーデニングは楽しんだ方がいい

まずは簡単な自己紹介。

この記事を書いているわたしはガーデニング歴でいうと…20年くらい。

仕事になってからは15年以上。

現在、企業や店舗さんからイベントや事務所、店舗空間の緑化を依頼されたり、個人邸のガーデンデザインやプランニングの依頼を受ける仕事をしています。

セッション・相談・鑑定に関してはオンラインで行っています。

これだけ長期間園芸業界にいると、情報もたくさんいただきます。

あなたに役に立つ情報をお届けしています。

その中でも、実はお金の情報もとても多いです。

お庭をつくる際もしくはリメイク、引っ越しにはお金の話は避けて通れません。

一番多いのは想像していた予算と実際の工事価格のギャップです。そこも一緒に考えていきます。

あ、もちろん長年の園芸生活の中で得た植物に関することやデザインに関することはしっかりお伝えしますよ。

自己紹介|ごんだいらあやこ ガーデニング・庭づくり

ガーデングッズも大切

“ときめき”はガーデニングには大切な要素

これは本当に大切な要素です。

ガーデニングって結構過酷な作業だったりします。

基本外ですしね。

天候に左右される。

暑かったり寒かったり…。蚊が発生したり、雨が続いたり。

でも、放っておいたらだらしないし…。

「どうしても今日やっておきたい」そんなときだってありますよね。

氣持ちが乗らなくても、氣候が怪しくても、素敵な道具があれば何とか氣持ちをあげていけませんか?

そんな理由で、ガーデングッズはちょっと大切にしています。

単純に良い道具は作業効率を上げてくれますしね。

男性にも女性にも“ときめき”は大切ですよ~

グッズのご紹介

ホースリール



こちらは見せるホースリール。

庭のデザインと一体化させた斬新な設置場所。

立水栓は少し離れたところにあります。

でも、蛇口がセパレートなので手を洗いながら水まきができます。

何よりも見せられるというのが新しいじゃないですか。

そのワクワクがお外作業も楽しくしてくれます。

ガーデングローブ

 

ガーデングローブも新しくおろしました!

身の回りも「かわいい」で揃えるとテンションも上がる。

ガーデニングって結構重労働だし、重いものを移動させる時もある。

きつい格好で剪定しなくちゃいけないこともあったり、色々です。

なので、手元は明るくおしゃれだとモチベーションあがります。

さらに、このグローブは機能的でもある。

コンクリートの隙間から生えてきた雑草もスルッと抜けるのでめちゃめちゃ氣持ちいいのです。

一度使い始めたらやめられない心地よさです。

 

✓ガーデングッズの購入方法

下記リンクより購入できます

>>>購入はこちら(販売サイトBACEに移動します)


https://wire.thebase.in/categories/2817114



さあ、楽しいガーデンライフを!

*植物に関する質問はLINE公式アカウントの会員さん向けに行っています。お気軽にどうぞ。
https://lin.ee/kyPRjqA
全部に答えるのはは難しいのでピックアップしてお話しします。
いただいた質問が、多くの皆さまの参考になると思った場合はブログでご紹介いたします。

 

menu

■ガーデニングをはじめたい🔰のためのプランニングサポートプラン🎶
https://midori-d.jp/menu/

★植物の情報・LINE公式の皆さまだけのお得情報をお届けしています。
LINE公式アカウントからどうぞ。

友だち追加
こちらをクリック↓
https://lin.ee/kyPRjqA

 

【みどりデザイン研究所】

ブログ
https://midori-d.jp/category/blog/

facebook
https://www.facebook.com/midori.design.a

Instagram
https://www.instagram.com/midori_design_labo

Webショップ
https://wire.thebase.in/

noto
https://note.com/midoridesign

youtube
https://www.youtu

be.com/channel/UCqp2rKfYCCfhrabQh_WBpbQ?view_as=subscriber

Twitter
https://twitter.com/aya_agon

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事