BLOG

ドラマのセリフ「ガーベラの香り」って?

少し前のことです。ドラマを見ていて気になったことがありました。

あるシーン。秘書役の女優さんが、受付のカウンター脇に立って書類に目を通しています。そのカウンターの上には花瓶に活けた花が🌼あります。そこに相手役の男性が近づいてきて、彼女に声をかけます。女優さんはそれに気づき視線を向けます。

「ガーベラ…。ここにはいつも、この花が飾れている。僕はこの花の香りを嗅ぐといつも君のことを思い浮かべる。」

私はそのセリフを聞いて違和感を覚えました。え?ガーベラの香りって。ガーベラキク科の植物で、花から芳香が漂うということはありません。草っぽい匂いはするかもしれませんが。アロマなどでガーベラの名前が使われるのはイメージだそうです。

きっと、このドラマの脚本家の方はお花はすべていい香りがすると思って書いたのだろうなぁ。撮影の現場でも疑問も持たず脚本のまま演技が進んでいったのだろうなぁ…と想像します。

まさか放映されているテレビの先にこんなことを思う人がいるとは思いもよらないのだろうなぁ。大多数の人は何も感じずストーリーの中の一つのセリアとして聞き流したと思います。

変な事に気がついてしまった自分がおかしかったです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事