BLOG

「NIIGTA MONOLITH」

美味しいものの写真を見ると幸せな気持ちになります。

ぐりーんらいふコーディネーターの

ごんだいらあやこです。

私が撮りためたお食事の写真とお店を紹介しています。

 

 

 

以前お邪魔した「愛のノスタルジーバレンタインライブ」の様子です。

会場は「NIIGTA MONOLITH」。

ハイセンスな外観の建物。
余計なものを排除したあまりにシンプルな玄関。
相変わらず私は迷子になり、入口を探してウロウロしました

…オシャレすぎる。

雪が音もなくしんしんと降る…
ライブを楽しむには絶好のロケーション!

「NIIGTA MONOLITH」は結婚式場なので、

さすがに接客も素晴らしく一ランク上のサービスを受けて会場内へ…

2012/02/10 18:33
ピアノが置いてありました。

バックが雪景色とは何とも幻想的な舞台です。

まだまだどんどん降ってきます。

今回のライはディナー付きです。
ライブと同時進行で書くと分からなくなるので、

まずはお食事のご紹介から。

…そうそう、私の座らせていただいたテーブルには、

芸達者な方々が座っていたので、
初対面とは思えないくらいに楽しい話に盛り上がりました。

 

まずはアペリティフ(食前酒)はスミレのアルコールタイプ

をいただきながら、アミューズへ。
前菜の前のアミューズって私ははじめての経験でした。

 

日本料理で説明する所の「先附」が前菜の前に出てくる場合があります。
これは、レストランの考え方、方向性により、

前菜からスタートするスタイルのところもあれば、
アミューズからのスタートとなるレストランも有ります。
たとえコースメニューを注文しない場合においても、

先附となるアミューズを出し、それを召し上がりながら、
食前酒を飲み、じっくりメニューを決めていただくスタイルも有ります。

(本来は、食前酒の供)

2012/02/10 19:08
アミューズ スミレのアペリティフ(食前酒)とともに
からむし麺の冷製 わさび風味のめんつゆのジュレが

キラキラとライトに光ってきれいでした。

 

2012/02/10 19:33

 

前菜

新潟の海と大地の恵み 盛り合わせ
中央に線のように引かれたソースを付けながら一つ一つを楽しみました。
食べるのがもったいない、一品。

 

2012/02/10 19:54

スープ
紫芋のポタージュ
濃厚なポタージュなのに、この紫色がなんともさわやか。
器もかわいい

2012/02/10 20:16

メインの肉料理
牛フィレ肉網焼き 糸魚川のわさびと雪下大根を添えて
肉の厚さと柔らかさ…大根の味も沁みていておいしかったです。

 

2012/02/10 20:48
デザートがすごかった。

休憩とともにロビーのビュッフェにデザートを取りに行きます。

小さい宝石のようなデザートが大皿にズラッと並んで向こうまで…。

「きゃーっ」。 女子なら目がキラキラしちゃうこのシチュエーション。

お皿を抱えながらの撮影なので、あまり上手に撮れませんでした。

 

2012/02/10 20:50

 

ほぼ全種類制覇!食後酒と一緒に。

楽しい時間でした。

 

2012.02.11

■原稿作成と画像提供■
取材・執筆・撮影のご依頼はこちら
http://midori-d.jp/gallery/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事