ラベンダーとあそぼ:新潟市・ガーデニング・植栽デザイン・園芸福祉






今年のラベンダー畑です。
ACP(アグリ・ケア・プログラム)の
「ラベンダーとあそぼ」が江南区の畑で
開催されました。








ACP(アグリ・ケア・プログラム)とは
障がい者施設を対象に作成した体験プログラムです。
重度障がい者の経験を広げ、豊かな生活への
サポートを行う活動です。

新潟市は様々な人の生活を支える活動を
積極的に支えています。
この活動も企画段階から4年を迎え、
アグリケアプログラム専任講師も
たくさん誕生して大活躍してくれています。

これまでの①農業②園芸③動物に加えて
今年から「食」のプログラムが追加された
新しい冊子が完成し、春から本格的に活動しています。
さらに重度障害者のケアの幅が広がってい
るのを実感します。
協力いただいている施設さんや専門家も
増えてこの取り組みを支えてくれています。








ラベンダーの畑にお出かけし
摘み取り体験をさせてもらえる
「ラベンダーとあそぼ」は、
プログラムの中でも人気があります。
ボランティアさんもたくさん参加し
賑やかな会になりました。

香りに癒されて楽しい時間でしたね。
ハサミも上手に使えましたし、
ラベンダーのお土産も良かったですね。
また、来年来てくださいね。
お待ちしています♪




注)今回は施設の皆さんの許可をいただいて
掲載させていただいております。