BLOG

相談・セッションについて

失敗しないために、自分の中に経験を取り入れるという考え方

人は何か行動を起こすとき、
いきいなり高いところから
飛び降りるようなことはしませんよね。
たまに、考えるより先に行動!という
「フットワークの軽い方」はいますが、
それはそれで失敗をもろともせず
走りながら知識を得ていくという、
すごいエネルギーの持ち主です。

しかし、普通の人だったら
それはなかなか難しいと思います。
例えば、崖の上から下を覗き込む。

霧がかかって見えにくい
上からの高さもわからない、
大きな岩があるかもしれない、
沼になっているかもしれない、
変な生き物がいるかもしれない…
心配すれば逆に踏み出せなくなってしまいます。

庭づくりや園芸に関することも全く同じです。
お金がちょっと必要なことは、みんなとても慎重になります。
わたしのところにご相談に来るお客さまの(一般の方で)
8割以上が家を建てて“2~3年以上経過した人”です。
中には、考えすぎて自分が何を不安に思っているのか、
どうしたいのかすらわからなくなってしまった、という方もいます。

本当にそれだともったいない!

2~3年(長い人はもっと!)ずっとそのことを
氣にしながら生活を続けているわけです。
一般家庭ならば自分が楽しめれば良いわけですから
完璧なデザインが必要じゃない場合もあります。
その土地の氣の流れ(条件が色々あるのですが)が
わかればポイントだけ伝えることも可能です。
必要な工事についてもお伝えします。
金額は見積もりしないとわからないのでお伝えできませんが。

みなさん「相談だけだと申し訳ない」とか
「工事はお願いするところが決まっているから悪い」
などとても氣を使ってくれます。
相談だけの商品を作ってくれたら氣がねなく頼めるのに、
というご意見をいただいて設定させていただいたサービスです。

■相談・セッションについて

最近 増えているのが「相談・セッション」です。
工事するかどうかわからない。
もしくは工事は別のところでで考えているんだけど、
植物のことをよくわかっている人に相談してみたい
というお客様が増えています。
そのために相談料を設定してほしい、
というお客さまの声をいただき体系を作りました。

植物はエネルギーを持っています。
もちろん場所との相性もあるので、
我々はお客さまの好きなイメージをベースに
環境に合ったいくつかの植物を
ご提案することができます。
または現場で気になったこと、
注意したほうがいいかもしれないことなど、
経験から感じる点をを皆さまに
わかりやすい言葉でお伝えしています。
それを聞いて植える植物の種類を
ガラッと変えた方もいます。
今は処分するのにもお金がかかる時代ですので
事前にわかることがあればそれに越したことはありません。

今は通信環境も整いました。
zoomでしっかりお話しすることも可能な時代です。
LINEのほうが気楽という方もいるでしょう。
もちろんアトリエに来ていただいて、
ゆっくりお話を伺うのでも大丈夫です。

一番いいのは、その場所に行って環境を体験することです。
太陽と話をして、風と水の流れを感じて、土をお話をします。
「百聞は一見に如かず」です。
お客さまにとっては色んな説明をしなくても
現場が私たちに教えてくれるので、
そちらのほうが楽で正確かもしれません。
その場合は環境鑑定料が別途かかります。

相談・セッション料金は30分・1時間・2時間で設定しています。
一応、30分は設定させていただいていますが、
これまでの相談の平均時間は1時間半です。
(中には3時間になった方もいます)

延長もできますので、その辺は心配しなくても大丈夫です。
次の予定の関係で30分以上の延長はできない場合もありますので、
その時は別の日に改めて設定させていただいく場合もあります

時間の使い方は大切です

30分に設定したとしたら。
状況を話して終了になったらもったいないので、
ざっくりでいいので内容をまとめておくことをおススメします。
箇条書きにすると自分の頭の中も整理されるのでいいと思います。

算定方法

アトリエに来ていただき話をする場合は
「相談・セッション」の時間をご覧いただき、
現場にお邪魔して観るということになれば
別途鑑定料が追加された料金を
見ていただければ大丈夫です。
詳しくはMENUをご覧ください。

MENU
https://midori-d.jp/price/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事