大きなヒマワリと夏休み体験:新潟市・ガーデニング・植栽デザイン・ワイヤーアート

関屋公民館の夏休み子ども体験教室です!

 

定員を超えるたくさんのお子さんに参加いただきました。

ありがとうございました。


 

色々考えさせられた子ども体験教室。

小学生のお子さんたちにはちょっと難しい課題であるワイヤーアート。

できるのかな?

1~6年生までの幅のある人数構成であること。

時間に限りがあること。

お子さんだけでの参加体験であること。

ちょっとしたポイントや技術を1回の説明で伝えることができるのか?

…それとも、もっと簡単で誰でもできるような内容に変更すべきなのか?

 

自分の中で葛藤がありました。

でも、「簡単に超えられる壁は面白くない!」。

子どもたちにも乗り越えたときの達成感を感じてほしい。

参加者全員が同じようにできないかもしれないけど、恐れず進もう!

 

担当者の方とデスカッションを重ね、更に事前のレクチャーの時間を作り

本番に挑みました。


子どもたちは親御さんと一緒にいるときと、子どもたちだけの時には

違った顔をしています。

上手くいかない時に子どもたちの中に「できない!」という少し諦めのような

雰囲気が蔓延するタイミングもあります。

もちろん、こういった工作が得意でコツを掴むのが上手なお子さんもいいます。

個人差があるので、「全員同じように…」というわけにはいきません。

 

わかってはいましたが、数人出来上がらない子どもが出てきたので

急きょ、当日の居残りと別の日程で「リベンジしたい人のために…」

という回を設定させていただきました。


 

一番大切なことは、

「上手く作ることじゃなくて 本人が納得すること」。

大勢の中で、できないことの焦りに包まれていた子どもたちも

落ち着いてじっくり向き合う時間を作ってあげると

技術的なハードルをいとも簡単に乗り越えて集中してくれました!

「ああ、こういうことなのか」というのを実感しました。

 

自分の中の“こだわり”のようなものを形にできたときの嬉しさと達成感を

彼らの態度と言葉の中から感じ取ることができました。

 

チャレンジすることを選んでよかったな。

中学生になったら勉強と部活でどんどん忙しくなるもんね。

感性って色んな感情を感じる中から生まれてくるんだよね。

負の感情さえも大切な経験だ。

 

大人の私たちが子どもたちに教えられたような気がします。

夏に咲いたたくさんのひまわり達!

すごく堂々とした姿です。

君たちの未来の姿、、、なのでしょうね。

 

#みどりデザイン研究所#新潟市#ガーデニング#植栽デザイン#ワイヤーアート#夏休み子ども体験教室#公民館#自由研究