【緊急!】新潟・北陸の大雪の後に…

皆さまご無事でしたでしょうか…(^-^;

ぐりーんらいふコーディネーターの

ごんだいらあやこ です。


新潟・北陸地域を襲った大雪。

やっと峠を越えたようです。

今回は雪国と言われる地域の中でもあまり降らない

日本海沿岸地域に大雪を降らせる“里雪型”でした。

 

それに加えて普段積雪のない西日本地域でも雪…という

日本全国の市民生活を麻痺させるものでした。

 

今日は日差しも出てきてホッとするところですが…

大きな危険に注意してください!

雪が止んで庭に出て愕然!雪の重みで庭の色んなモノが

斜めになったり押しつぶされていたりするかもしれません。

…ですが、この雪の中では何もできません。

ウチも隣家の屋根からの落雪が直撃して庭の木製の塀が大きく内側に

倒れ込んでいます。

ぎゃ~っ!!

ですが、こんな雪では近くに寄ることすらできません。

今できることは…

これ以上こちらに倒れ込まないように逆の方向にも

雪を積み上げて支えること。

…悲しいですが、応急処置くらいしかできません。

 

特に新潟は豪雪地帯でないため、雪囲いなどしないご家庭がほとんどです。

今雪に覆われていて見えないかもしれませんが、樹木やつるバラの枝など

多くの植物が被害に合っていると思われます。

ですが、今 除雪作業をしてまでやらなければいけないものなのか

雪解けを待って、処分なり整理をすることでOKとできるものなのか

判断してください。

 

これから気温が上がってきて雪にも重みが増してくると考えられます。

カーポートやサンルームなどは特にご注意ください!

何度も言うように、何年に一度の大雪くらいしか想定していない地域です。

屋根もあまり頑丈なものを選んでいないことも考えられます。

構造物そのものの破損も心配ですが、周囲に置いてある鉢植えも心配です。

鉢自身が破損するかもしれません。

 

そして、気温の上昇から屋根からさらなる落雪も考えられます。

ものすごいパワーと重力で雪の塊が襲ってきますので、

大切な鉢など、今のうちに動かせるものは動かしましょう。

その際には、ご自身が落雪に巻き込まれないよう避難経路を

確保して、できればご家族と一緒に行ってください。

つららもできています。お怪我などなさらぬよう注意を払ってください。

 

もし、雪が解け始めて庭の状況がわかって

問題があったら春は早めに動いたほうがいいと思います。

どちらにせよ。降雪直後の今は無理をせず状況を判断して

動かれることをお勧めします。