弥助寿司:新潟市・ガーデニング・植栽デザイン・食べ歩きレポート


地域のお寿司屋さんです。
最近めっきり個人のお寿司屋さんを見かけなくなったなあ…て思います。
こちらの「弥助寿司」。地域で頑張っているお店です。




弥助寿司のお寿司




職人の仕事ってすごいです。
自分のあまり好きじゃないネタでもここで食べるとものすごくおいしく感じます。「仕事がしてある」という言葉の意味がよくわかります。
シャリも生温かく、口に入れるとふんわりした感覚を味わえます。








お正月らしい「のっぺ」も出していただきました。里芋、ニンジン、椎茸、ゴボウ…鶏肉も入っていました。うちの実家は鮭が入っているけど、鶏肉も味がしっかりしていて旨みも強く美味しかったです。

おまかせの握りはそんなに高くないし、充分満足できる内容です。
ゆっくり日本酒をいただくのもいいですが、ワインもあるので白ワインをいただきながらのお寿司…なんていうのもいいですね。




この日は家族連れや女性同士のお客さまなどがお食事を楽しんでいるようでした。




店内はいたるところに昭和の風情を感じることができます。客と職人との間で交わされる軽妙な会話とカウンターの内側で流れるTV番組の音が混ざりあう感覚。店内の備品も私にとっては”ときめく”ものばかり。




座布団の柄、箸おきの形、レトロ感たっぷりの分厚い灰皿…。
箸袋に書いてあった言葉にググッときました。 「寿司のメッカ」!?この感覚が心地いい(笑)

平成も終わるけれど、いつまでも昭和の香りを感じられるお店が存在し続けてくれることを願わずにはいられません。




#新潟市#みどりデザイン研究所#弥助寿司#お寿司#食べ歩きレポート