小屋を長持ちさせるコツ:新潟市・ガーデニング・店舗植栽・庭の困りごと

小屋があるお庭って憧れますね。

素敵なガーデンにあるもので目を引くのは

木製の構造物でしょうか。

 

でも、メンテナンスについて考えると

なかなか踏ん切りがつかない…

そんな風におっしゃる方も多いです。

 

でも、コツを掴めばそんなに大変じゃないし

これをやることによって寿命が全然違います。

 


私のアトリエもミニミニなログハウス。

建ててから8年…かな??

どこもおかしなところはなく、

いたって普通に利用できています。

しいて言えば、湿気で扉がそっくり返ってしまった…

というくらいでしょうか?

 

メンテナンスと言っても2年に一度、

外側だけをペイントしているだけです。

使用しているのは木に浸透していくタイプの塗料です。

木自体に沁み込ませることで腐食を防いでくれます。

缶のパッケージに大体「畳〇畳分」と書いてあるので

自分が塗りたいと思っている構造物の面を

頭の中で展開図のように開いて何畳くらいだろう?

と想像してペイントを購入してください

その他に準備すのは、刷毛と新聞紙、ガムテ、割りばし、

雑巾、ビニール手袋、マスクいちごパックなどなどです。


 

建てた当初、本当は2度塗りをしたかったのですが

勝手がわからないので外側と内側とを塗ったところで

力尽きてしまいました。

それから