潤いの庭のメンテナンス:ランドスケープデザインサービス

水が豊かってこういうことを言うんだな…

と改めて感じました。

ぐりーんらいふコーディネーターの

ごんだいらあやこ です。


先日、定期的なメンテナンスに出かけてきました。

本当に素晴らしいです!

緑が庭土の部分に覆いかぶさって広がっている感じが

私の好みのGardenです。

 

この場所は川も近く、水が豊かだから

ほふく性の植物が伸び伸びと成長しているのだな

と感じました。

しっとり潤いを感じる色合い。

カラカラしている土地だとこう伸びやかな風景にはなりません。

 


 

こちらの庭で全体に広がる植物は

エリゲロン、リシマキア、リシマキアブラック、タイムなどです。

全体に均一に成長するわけではないので、手入れの際には

ボリューム感などに変化を付けます。

特に通路の部分は道が見えるようにハサミを入れていきます。

通路が隠れていると、庭全体がだらしなく感じてしまいます。

大胆に切っても、これから冬になっていくので大丈夫です。

 

 

■メインガーデン

メインガーデンと決めている部分は広がったみどりを

大きくカットしてスペースを作ります。

まずはバッサリ整理。

しっかりとした「花壇」…というような区切りを作らなかった分

とても自然な感じでいいのですが、そういったナチュラル風景は

自分の中でしっかりと決まりを作らないと

どんどんだらしなくなってしまいます。

(初心者や自分でやりたい方はプロにベースを作ってもらうことをお勧めします)

 

ナチュラル風景に挑戦する方は、

細かい間隔じゃなくてもいいので定期的にスペース確保を行うと

作業しやすくなりますので時期を決めて作業しましょう。

 

…で、今回は季節感重視の秋色っぽい植栽を目指します。

一年前に植えた“変わり咲き”のガザニアが大きくなって

面白い花を咲かせています。

花色や葉っぱの風情が秋っぽい。

個性的な印象です。


 

そして、次に考えるのはボリューム感。

特に、広い土地の場合は遠くから見てきれいに見えるように

存在感のある植物を植えるようにしましょう。

近くで、少し大きすぎるかな…?と感じるくらいでちょうどいいです。

 

ちょっとした配慮ですが

秋は天候も変わりやすいですし、

ボリューム感のある植物は花が重いので

強風対策に見えない部分に支柱を建てておくと安心です。

 

■樹木とのバランスも大切

庭に樹木を植えている方も多いことでしょう。

葉や枝をおおきく広げる樹木は、庭に日陰を作ってくれます。

植物が葉やけを起こすのを防いでくれますし

暑い夏には日陰での作業のほうが楽です。

しかし、茂りすぎると根元に植えた植物たちに

日光が届かなくなってくるというデメリットがあります。

 

いつも樹木のプロに剪定してもらえるならいいのですが

そうもいかないと思います。

もし多少いびつな形になっても気にならないようでしたら

自分でできる範囲でもいいので枝を払ったほうがいいですね。

■室内で楽しめる植物を植えると楽しみが増える

宿根草や低木で花や実をカットし室内でドライフラワー等で

楽しめるものがたくさんあります。

ここにはワレモコウ、アナベルなど、

ドライフラワーで楽しめる植物も少し植えていますので

庭作業の際バッサリ切って部屋で使ってもらっています。

庭で咲かせておわてしまっている方は

是非色々な楽しみ方にチャレンジしてみてください。

■ナチュラルな庭

ナチュラルな雰囲気のほうがお好きな方には

若干ワイルドでも自然なほうがお手入れもラクです。

雑草も目立たなくなりました。

寄せ植えなどで季節感を演出してもいいと思います。

季節ごとに少し多めにお花を足すだけでも、

四季を感じられる楽しい庭になるでしょう。