「そらのテラス」

はじめてやってきました!

ぐりーんらいふコーディネーターの

ごんだいらあやこ です。


話題のスポットですが、なかなか来るタイミングがなくて。

やっと…です。

 

お昼時だったせいでしょうか?駐車場がいっぱい!

車を停められないくらいでした。

 

こんなオシャレな“直売所”って…見たことない。

芝生の公園もあるし、カメさんいるし、子どもたちが元気に走り回っている。

いちご狩りのスペースまで行く時間なかったけど

楽しそうでした。

 

建物も和風でも洋風でもなく、…今風(?)

直売所の中も統一感あるし、トイレもおしゃれ。

これを直売所と言っていいのだろうか??って感じです。

 

ところどころに植栽スペースも設けてあるけど、

普通の公園みたいにレンガなどできっちり区切られていない

どこまでも自然な感じで緩やか。

束縛していない感じが居心地の良い空間にしているのでしょう。


ランチはTONERIKOさんで。

農園のカフェ。

この言葉だけでやられてしまう。

何でしょう?すごく期待感を持ってしまうフレーズです。


この時期はやっぱり新米でしょう!

…ということで、おにぎりセットを注文しました。

ナンバン味噌のおにぎり、美味しかったなぁ。

 

でもさ、何てことのないおにぎりなんだけど。

風景と建物と食器と空間でこんなにも

違った感じになるものでしょうか?

 

 

以前は、海外から来たものこそが最先端でオシャレ。

特に若者は最先端に触れて経験して語ることで虚栄心を満たしていた

という感覚があったような気がします。

 

それが、いつも身近にあるものが美味しくて最先端…と

感じられるんだもの。

時代といえば時代なのでしょうけれど。

 

ストーリーとデザインと演出で色んな価値を

生みだすことができるんだな、、と。

そんなものを感じました。