冬こそ大切なガーデンデザインとタイムトラベル

IMG_20151221_100657
 

 

 

 

 

 

 

 

今日は冬の新潟らしい寒い日。

こんな日は外で作業…というわけにはいかない。

でも、この冬の時期がお庭の計画を立てるのに最適です。

 

まずは準備から。

温かいコーヒーを沸かして、ポットからお気に入りのカップにそそぐ。

コーヒーのいい香りとともに白い湯気がふわ~っと電球に向かって昇っていきます。

香りに向かって鼻を突きだし、思いっきり深呼吸。至福の時…

この大量の湯気は、底冷えのせいでなかなか上がらない気温のせい?

 

そして、カップを机の上に置き目の前にある描きかけのデザイン画に向かいます。

今回はお客様と打ち合わせた時のメモも脇に置きながら何枚も何枚も描きました。

「鉛筆を舐めなめ…ラインを描く」

「たまに、鉛筆を置いて目を閉じる」

その繰り返し…。

 

“ガーデンデザイン”という作業は時間を超越します。

じっくり、ゆっくり時間を使いながら目を閉じれば…そこにはあっという間に早春の景色にすり替わり変っていくのです。

土も温かくなってきて少し乾き気味。。

雑草も少しずつ生え始めているようです。

球根の芽も出てきています。

キョロキョロあたりを見回していると、突然目の前にカエルが飛び上がる!

そんな景色が広がるわけです。冬なのにね。

ガーデナーは、まるで時間を自由に行き来するタイムトラベラーのようだわ。

 

 

「さあ、あなたはこのキャンパスにどんなお庭を描きますか?」

 

実は、来年春に向けたご相談やご依頼も少しづつ増えてきました。

「春になったら…」とお考えの方、少し早すぎかしら?というタイミングでちょうどいい位かもしれませんよ。

楽しい春を迎えるために素敵な計画を立てましょうね。